builtin function

ビルトイン関数 - 詳細

Category: builtin_function/html

checked()

checked属性を付与する

関数

string checked (  string $val , array $select=null  )
checked属性を付与する
パラメータ

第1引数: string $val // inputのvalue
第2引数: array $select=null // 前回選択されていたvalue。checkboxの場合は配列、radioの場合は文字列となる。checkboxが配列となるのは複数選択が可能な為。radioが文字列となるのは複数選択することがありえない為。
戻り値

string
説明

input要素のradio属性、checkbox属性の時に使用する。
本当はDispClassのメンバにしたいのだが、呼び出しがめんどうなのでグローバルにする。

HTML記述例)
radioの場合はnameは配列化しないほうがよいと思う
<input type="radio" name="text1" value="0" <?=checked(0, $PostClass->get('text1', 0))?>>いいえ
<input type="radio" name="text1" value="1" <?=checked(1, $PostClass->get('text1'))?>>はい
checkboxの場合はnameは配列化した方がよい
<input type="checkbox" name="text1[]" value="0" <?=checked(0, $PostClass->get('text1', array(0)))?>>男
<input type="checkbox" name="text1[]" value="1" <?=checked(1, $PostClass->get('text1'))?>>女
<input type="checkbox" name="text1[]" value="2" <?=checked(2, $PostClass->get('text1'))?>>オカマ

画面で受け取った際のパラメータ例)
radioの場合は必ず$_POST['text1']='0' か$_POST['text1']='1' となる
checkboxの場合は$_POST['text1'][0]='0' とか $_POST['text1'][1]='1'とか、チェックを入れた数だけ配列が渡される

003 - 2013/04/13 xirasaya: 戻り値のchecked属性の値の囲い文字をシングルクォートからダブルクォートに変更。
002 - 2012/04/29 xirasaya: 戻り値が''だったところをnull値に変更。
001 - 20xx/xx/xx xirasaya
ソースコード [表示]


[top]