builtin function

ビルトイン関数 - 詳細

Category: builtin_function/database/_component

_sql_set_select()

SELECT文のSQL部品を作成し返却する

関数

string _sql_set_select (  array $aryColumn  )
SELECT文のSQL部品を作成し返却する
パラメータ

第1引数: array $aryColumn // array('id', 'status', 'name') or array('id', 'name'=>'`rename`', 'type') or array() or null
戻り値

string // SELECT文のSQL部品。ex) 'id, status, name' or '*'
説明

第1引数はarray型で値にカラム名を指定したものを使う
array('id', 'status', 'name', 'type'...)

カラムの変名をしたい場合は以下の2パターンが可能
array('id', 'status AS stat', 'name', 'type'...)
array('id', 'status'=>'stat', 'name', 'type'...)

注意)
DBMSの予約語を使う場合は予めバッククォートなどで括る必要がある
array('id', 'status', 'name'=>'`rename`', 'type')
まあ予約語を使うなって話。

004 - 2012/04/30 xirasaya: _SqlSetSel()から_sql_set_select()に関数名を変更。
003 - 2011/10/26 xirasaya: 関数名の先頭に"_"を追加。
002 - 2011/06/23 xirasaya: AS句が利用できるよう修正。
001 - 2010/05/24 xirasaya
ソースコード [表示]


[top]