builtin function

ビルトイン関数 - 詳細

Category: builtin_function/database

sql_escape_numeric()

★数値型カラム用に文字列を整形する

関数

string sql_escape_numeric (  string $sTarget=null  )
★数値型カラム用に文字列を整形する
パラメータ

第1引数: string $sTarget=null // 対象文字列
戻り値

string
説明

対象の文字列を数値として扱える形に変更して返却する。
注意)
整形するのは数値として認識できる文字に限る。
それ以外のものは全て'NULL'を返却する。

数値として認識するもの)
1, '1', -1, '-1', 1.1, '1.1', '1'

005 - 2012/04/30 xirasaya: CSqlN()からsql_escape_numeric()に関数名を変更。
004 - 2011/07/29 xirasaya: 第2引数を物理削除。
003 - 2010/04/08 xirasaya: 第1引数の初期値を設定。
002 - 2009/12/22 xirasaya: テーブルカラムの'NULL'に対応。第2引数を追加。
001 - 2007/10/31 xirasaya: copy
ソースコード [表示]


[top]