builtin function

ビルトイン関数 - 詳細

Category: builtin_function/database

db_update()

UPDATE文を実行し結果数を返却する

関数

integer db_update (  string $sTableName , array $aryColumn , string $sCondition=null , resouce $resLink=null  )
UPDATE文を実行し結果数を返却する
パラメータ

第1引数: string $sTableName // 対象テーブル名
第2引数: array $aryColumn // 配列のキーに更新したいカラム名を、値に更新したい値を指定する
第3引数: string $sCondition=null // 条件。
第4引数: resouce $resLink=null // 接続リソース
戻り値

integer // 成功時は1以上の数値、失敗時はfalse
説明

※独自関数のsql_build_update(), db_connect(), db_ping(), db_query(), db_affected_rows()を利用。

注意)
レコードに変更がなかったUPDATE文はカウントすることができないので必ず"更新日時"カラムなどを更新させること。
レコードに変更がなかった場合はUPDATE文の失敗(更新クエリの失敗)とみなしfalseが返却される。

002 - 2012/04/30 xirasaya: createSqlUpd()からsql_build_update()に変更。
001 - 2007/10/19 xirasaya
ソースコード [表示]


[top]