builtin function

ビルトイン関数 - 詳細

Category: builtin_function/database

db_select()

SELECT文の実行結果を2次元配列で返却する

関数

array db_select (  string $sTableName, array $aryColumn=null , string $sCondition=null, resouce $resLink=null )
SELECT文の実行結果を2次元配列で返却する
パラメータ

第1引数: string $sTableName
第2引数: array $aryColumn=null // ex) array('id', 'name', 'mail', 'mail2 as mail_2')
第3引数: string $sCondition=null
第4引数: resouce $resLink=null
戻り値

array // 成功時は2次元配列(キー1は0から始まる連番、キー2はカラム名の連想配列)を返す。取得するレコードが無い場合と異常時はnullを返す。
説明

※独自関数のsql_build_select(), db_connect(), db_ping(), db_query(), db_num_rows(), db_fetch_all()を利用。

注意)
カラムが重複した場合は先勝ちとなるので、これを避けたい場合はAS句を使ってどちらかを変名すればよい

002 - 2012/04/30 xirasaya: createSqlSel()からsql_build_select()に変更。
001 - 2007/10/19 xirasaya
ソースコード [表示]


[top]